バイアグラと精力剤は何が違うのか

バイアグラと精力剤は何が違う?

バイアグラは医薬品なため、基本的には医師の診断の元で処方してもらわなければなりません
本来、狭心症の治療に良いとのことで開発が始まったバイアグラですが、日本では50mg/20mgしか処方が受けられず、100mgを使用したいという方は個人で輸入することが多いのが現状です。
精力剤は医薬品ではなく、医薬部外品としてコンビニやドラッグストア・通販などで入手が可能で、目的としては活力アップや体力の回復など滋養強壮として使用されています。
サプリメントとして錠剤やカプセル、液状など、好みに合わせて購入することが出来ます。

精力剤の特長

精力剤には様々な原料が使われ、その種類によっても成分が異なります。
アルギニンやシトルリンというアミノ酸、亜鉛等のミネラル、ビタミンなどを豊富に含んだ精力剤は栄養補助に役立ち、体が重くなったり元気が出ないなど男性のパワー不足などに良いとされています。
そもそも体に必要な栄養を摂り入れるものですので、血流が良くなり、成長ホルモンを促進させる等の体質改善をサポートします。
そのため、摂取することによって男性の活力アップを根本から手助けしてくれるものになります。

バイアグラと精力剤の副作用

バイアグラと精力剤で最も大きな違いがあるとすれば、副作用です。
バイアグラは医薬品であり、医師の処方が必要な「薬」ですが、副作用として頭痛や動悸、血管の拡張による火照りや鼻づまりなど、その症状は人によって様々で、軽い副作用で済む方もいれば副作用が重く出てしまう方もいます。
また、心臓病などでニトロを服用している方がバイアグラを服用した時には、低血圧から命の危険もあるとされ、服用が禁止されています。

精力剤は医薬部外品でどこでも入手が可能ですが、本来私達の体内にある・または生成されている栄養の補助をする食品ということもあり、その副作用はほとんど出ないものと言われています。

年齢によって減少してしまうホルモンや普段の食事では補いきれない栄養素を摂取して体の調子を整えることで元気が出る・体の動きが良くなる・活力を感じるとされています。

結局どっちが良いの?

バイアグラは病院で診断を受けて処方してもらうか、ネット通販で入手することになりますが、海外からの輸入となり日本での保証はありません。
何かあっても自己責任ということになります。
また、偽物も多く出回っており、副作用などが出ることも考えられます。

その点、精力剤は体質改善を目的とし滋養強壮に良いものですから、体への負担もなく様々な悩みに直結してくれるものですので、健康のことを考えれば精力剤で活力アップを目指す方が良いのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ