男性ホルモンを増やすには?おすすめの食材

活力アップはホルモンが関係している

男性のパワー不足には、男性ホルモンの不足や乱れが大きな原因の1つとして挙げられます。
男性ホルモンのテストステロンは、精力を増大させる・筋肉を成長させる・軟骨を成長させる・活力が湧くという男性には欠かせない役割を担っています。
このテストステロンが不足することで、疲れやすくなったり元気が出ないといった、男性のパワー不足に陥りやすくなるのです。
成人を過ぎると徐々に減少していってしまうものですが、ストレスやホルモンバランスの乱れによって一気に減少してしまうこともあり、男性更年期へと突入してしまうということの原因にもなります

男性ホルモンを増やすには?

テストステロンは薬などを服用せずに普段の日常生活を少し変えるだけで増大させることが出来ます。
亜鉛とコレステロールはテストステロンの生成に必要な成分ですから、積極的に摂取するように心がけたり、日光を浴びる・運動をする・恋愛や感動など感情を揺すぶるということも効果的です。
また、テストステロン自体を医師から処方してもらい服用することで増やすことも出来ますが、やはり副作用という心配もあるため、よほどの症状があっての受診による診断での服用以外ではなるべく避けた方が無難です。

サプリメントなどでもテストステロンを含むものや増やす効果のあるものが多数販売されていますので、食事や生活改善では不安だという方は併用してみるのも良いのではないでしょうか。
その場合には、現在治療中の病気がないか、テストステロンを摂取しても良い状態なのかをしっかりと判断してから服用しましょう。

男性ホルモンを増やす食事

テストステロンを作りやすくする、強化する食べ物をご紹介します。
普段の食事に少し取り入れるだけでも生成の促進に繋がりますので、意識してみると良いでしょう。

・牛肉・豚肉・鶏肉・魚・乳製品
これらはタンパク質を含む食材です。
男性ホルモンはタンパク質が必要不可欠なため、しっかりと食事で摂取しましょう。
しかし、肉類の食べ過ぎは体重・脂肪も増加します。
高タンパク質を摂りながら適度に運動すると筋肉もつきやすくなります

・ヤマイモ等のネバネバ食材・ニンニク・ニラ・ネギ
上記のタンパク質と一緒に摂取することでテストステロンが増強されます。
玉ねぎやニンニクは肉類との相性も良いので摂取しやすくおすすめです。
更に牡蠣には亜鉛というミネラルが豊富に含まれているので、大変力を発揮してくれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ