男性ホルモン分泌のメカニズムを知っておこう

男性ホルモンの分泌メカニズム

男性ホルモンは精巣で作られる95%と副腎で作られる5%に分類されます。
複数の種類のある男性ホルモンを全て総称してアンドロゲンと呼ばれています
おおよそ20代半ば頃に分泌のピークを迎え、その後は30代から徐々に減少していきます。
そのため、30代頃から体の疲れを感じやすくなったり、パワー不足を実感するようになります。

男性ホルモンの影響力とは?

男性ホルモンとして代表的なテストステロンは影響力がとても強く、筋肉の生成や生殖機能、生きる上での活力や健全な精神力などへ働きかけます

テストステロンが減少することで体の倦怠感や疲労感、ポジティブな考えやキビキビとした行動が出来なくなるなど、まるで五月病のように何に関してもやる気が出なくなり、それが長期的に続くようになってしまいます。

男性ホルモンの作り方

男性ホルモンの生成は、食事やスポーツ、サプリメントなどで増やすことが出来ます。
食事であれば、亜鉛を含む牡蠣や動物性タンパク質の摂れる肉類、ネギやニラなどが良く、玉ねぎに含まれるケセルチンという成分がテストステロンの排出抑制に繋がるとされています。
スポーツは体を動かすことで男性ホルモンの生成に繋がりますし、観戦でも闘争心や興奮作用によって刺激が与えられます。
特に異性との交流や恋愛なども男性ホルモンを増強させるためにはとても必要なこととされています。
食事や日常生活を変えにくい方はサプリメントで必要な栄養素と摂り入れることでテストステロンの分泌をサポートしてくれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ