輸入代行で精力剤を購入する際の注意点

輸入代行のメリット

男性機能をアップさせるために精力剤を服用する人も多いかと思います。
精力剤の服用は飲むだけで滋養強壮をサポートしてくれるので、とっても手軽な方法として人気です。
ですが、バイアグラ・レビトラ・シアリスのような医薬成分を含む精力剤は国内で手に入れようと思っても、ドラッグストアなどでは売られておらず、医療機関でしか入手出来ないことがあります。

しかし、海外の医薬品に関しては、インターネットなどの輸入代行サービスを使って取り寄せることが可能です。
輸入代行は、国内で入手困難なものであっても手軽に手に入ることや、インターネットを介しているので恥ずかしさがないことが、大きなメリットだといえるでしょう。

輸入代行は手軽な反面リスクもある

輸入代行の利用者も多いですが、注意点もあり、利用の際は十分気を付ける必要があります。

輸入代行のリスク

・ニセモノが含まれていることがある

ある調査では、個人輸入サイトに正規品として紹介している薬の半数以上が、ニセモノであったことが判明しています。
明らかなニセモノに限らず、パッケージや製品の形状が本物とそっくりだけど、含有成分は全く違うというものもあります。

・悪徳業者の場合がある

個人輸入代行業者の中には、医薬品を健康食品と同じように安心・安全とうたって販売したり、対応が遅かったり、中には商品が届かないといった事例もあります。

・副作用が出ることも

個人輸入で取り寄せた精力剤には、日本で成分や品質が認証されていないものも存在します。
個人輸入で入手した精力剤に副作用があったとしても、それは自己責任となってしまいますので注意が必要です。

輸入代行業者を選ぶポイント

下記のような業者は悪徳である可能性があります。

  • 精力剤の効果を過大にPRしている
  • 価格が安すぎる(ニセモノの可能性がある)
  • 所在地の確認が取れない(住所や電話番号の表示がなければ注意)
  • 連絡方法がメールのみ(連絡がつかなくなることも・・・)
  • 振込先が個人名義である

これらの特徴を持った代行業者の利用は避けましょう。リスクを減らすためには、信用出来る業者を探すことが大切です。

また、国内の医療機関で取り扱いのある正規品だけの購入に留めておくのもリスク軽減に有効です。

個人輸入代行の利用は、あくまでも自己責任になります。
購入の際は最大限の注意を払うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ