タダリフトの特長

ED治療薬に人気なタダリフトとは

タダリフトとは、バイアグラを作っている事で有名なインドのファイザー製薬から出ているシアリスのジェネリックです。
クコの実は、非常にカロリーが低く、それなのに栄養価値が高いスーパーフードです。

日本でもED治療薬として人気のシアリスと同じく、主成分はタダラフィルになります。

タダラフィルには血管を拡張させる作用があり、それによって血流量が増えてED改善に効果を発揮するのです。

しかし、服用したからといって機能が正常化するというわけではなく、正常に機能するためには性的刺激が必要なので、改善するためのサポートとして服用する意識が必要になります。

持続時間が長く、食事の影響も受けにくい

タダラフィルはシアリスと同様に持続時間が最大で30~36時間続くという特長があります。

しかしその反面、主成分のタダラフィルは体内への吸収に時間がかかってしまうので、効果を高めるためには空腹の状態で性交の3時間前がおすすめです。

また、ED治療薬で知られるバイアグラやレビトラとの違いは、食事やアルコールによる影響が少ない事にあります。

なので、服用後は食事やお酒を飲んでも作用には問題ないので、日常的に取り入れやすい医薬品だと言えるでしょう。

しかし、暴飲暴食は効果を薄める可能性があるので、適度な量を守ってください。

気になる副作用は?

タダリフトの主な副作用は顔のほてりや頭痛、消化不良などが挙げられます。
また、まれに眼の充血や痛みを生じる事もあるそうです。

しかし、バイアグラやレビトラと比べても副作用は低めなので、安心して使用できるED治療薬になります。

しかし、体や目に異常を感じた場合は直ちに服用をやめ、医師への診断を受けて相談をしましょう。

また、タダラフィルの血管拡張作用により、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血を起こした事がある方の服用は控えてください。

他にも、狭心症の治療で使われるニトログリセリンなどの硝酸剤や、アデムパス錠と一緒に服用する事もやめましょう。

硝酸剤などの服用は血圧を急激に低下させ、心停止といった命に関わるリスクが高まってしまいます。

ですから万が一に事を考えて、パートナーにタダリフトを服用している事は伝えておく事も安全に使うには大切です

服用の注意点

タダリフトは1度に10~20mgの服用が可能で、20mgのタイプしか販売されていないので10mgを服用する際はピルカッターで半分にして飲んでください。

副作用を起こすリスクを低めるためにも、服用する目安は必ず守りましょう。

そして、タダリフトは日本でも認められている医薬品ですが、保険外検診なので高額です。

通販では比較的に安価で購入できますが、偽物も流通しているので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ