ペネグラの特長

ザイダスファーマ社のバイアグラジェネリック・ペネグラの特長

ペネグラは日本でも以前販売されていたED治療薬で、インドで製造が行われています。
このペネグラは2014年まで日本で販売されていたものの、現在では日本から撤退してしまっています。

しかし、世界60ヶ国以上でザイダスファーマ社は展開されていて、ペネグラも多くの国々で販売されているのです。

入手する方法としては、ペネグラを取り扱っているクリニックで処方してもらうか、もしくは輸入業者に個人輸入をお願いするかの2つに分かれることになりますが、クリニックで処方してもらった方が安全性も高いと言えます。
ペネグラを作っているザイダスファーマ社の向上は各国の医薬品庁やGMP認証という品質と安全性が確保されたことが保証されているものを取得しており、高品質で安全なバイアグラジェネリックです。

ペネグラの効果はバイアグラと違う?それとも一緒?

ペネグラはバイアグラジェネリックなので正規品のバイアグラに比べて成分が違うのでは?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
バイアグラと同じように、ペネグラにもシルデナフィルクエン酸塩が配合されており、副作用や効果に変わりはありません。

ただ、日本で製造しているバイアグラはシルデナフィルクエン酸塩が50mgまでのものしか製造されていませんが、ペネグラの場合シルデナフィルクエン酸塩が100mg含まれているものが販売されています。
1錠に含まれている量が違うので、日本製のバイアグラと比べてかなり効果の威力は高いと言えるのではないでしょうか。

ただし、含有量が多いこともあり、副作用なども強くなります。
その点に注意し、気を付けながら服用するようにしましょう。

少量のアルコールで効果が上がることも!

ペネグラでは服用前に少量のアルコール飲料を飲んでおくと効果が上がる可能性があると言われています。
これは少量のアルコールを飲むことによってペネグラと化学的変化を起こしているのではなく、アルコールが精神を安定させて緊張をほぐしてくれることでストレスからくるEDを少しでも改善することができるためです。

ですがペネグラは血管を拡張させる作用もあり、酔いがかなり回りやすくなってしまうため、お酒が弱い方はアルコールを飲まない方が良いかもしれません。
また、アルコールが少量なら良いのですが、飲み過ぎてしまうと効果が上がるどころかペネグラを飲んでも効果が無くなってしまう可能性があるので、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ