レビトラの特長

LevitraNoBG

レビトラの効果で男性の自信回復へ!

ED治療薬として販売されているレビトラは、シアリスなどと同じように酵素の一つで勃起を抑える役割を担っているPDE-5の働きを抑えて勃起を持続させるようにする働きがあります。

レビトラを服用することで今まで興奮作用や性的刺激を受けたにも関わらず勃起しない、または勃起しても持続せずに性行為中に中折れしてしまうなどの勃起不全を改善することができるのです。
また、こういったED治療薬でよく勘違いされやすいのは、この薬を服用することで勃起したり、性的興奮を得られるということはありません。
レビトラを服用してから何かしらの性的興奮があれば勃起するように手助けを行いますが、特に性的興奮が無いという状態では勃起はせず、普通の状態を保っていることができます。

食事からの影響は受けにくい?

レビトラの場合、食事からの影響は完全に受けないというわけではないですが、影響を受けにくいと言われています。
ただし、この食事には制限があり、「食事の総エネルギーから脂肪の割合が30%以内であること」を条件としているのです。

1食あたりの食事の総エネルギーがおよそ700kcalなのですが、その30%=210kcalの脂肪割合となり、脂質は1g9kcalなので大体1食あたりの脂質が23.3g以内までに抑えなくてはいけないことになります。
総エネルギーが700kcal未満、そして脂質は23.3g以内の食事を心掛ける必要があるのです。

数字だけだと分かりにくいですが、つまり脂質が多そうなものを食べなければ食事の影響は受けにくいと考えてよいでしょう。
牛丼の大盛やハンバーガーは食べられる場合もありますが、食べられる量が増えるとどうしても脂質の量も多くなるので注意しましょう。
なるべく、食後はこのように影響を受けてしまう可能性があるので、なるべく食前の空腹時に服用すると薬の吸収率も高まり、より効果の高いものとなります。

効果の時間は短すぎず、長すぎなくてちょうどいい

レビトラの効果が表れてから作用時間は、大体5~6時間であると言われています。

他のED治療薬は5時間までだったり、36時間もの間サポートしてくれるものもありますが、その中間となるレビトラは5時間では少し短いし、36時間はあまりにも長過ぎると感じる方もいらっしゃると思うので、そういった方はレビトラを使ってみると良いでしょう。

また効果が出てくるのは他のED治療薬と比べてかなり早く、最短で20分程度あれば効果を発揮してくれるので、性行為に及ぶ直前に飲んでもさほど問題無いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ