ジェビトラの特長

ジェビトラの有効成分とその働きについて

ジェビトラはED治療薬として泌尿器科などで処方されるレビトラのジェネリック医薬品です。
ジェビトラは、塩酸バルデナフィルを有効成分としており、男性器の細胞内で血液を拡張させ勃起をサポートする働きを持っています。
性的な刺激を受けると、脳から信号が伝わり、平滑筋という筋肉が緩んで動脈血管が拡張します。
すると、陰茎海綿体に血液が大量に流れ、流れた血液は陰茎部分に留まって、陰茎が膨張し勃起します。

その際、PDE-5という酵素が作用すると、血管が縮まり男性器内の血管に血液がスムーズに流れ込まなくなってしまい、勃起不全を起こってしまいます。

ジェビトラの主成分の塩酸バルデナフィルは、この酵素の活性を阻害し、男性器内の血管に血液が流れ込むようになり、勃起をサポートしてくれるのです。

ジェビトラは即効性がある

水に溶けやすい性質があり、体内への吸収能率が良いとされています。
そのため、摂取して20分程度で効果が表れ始めます。軽い食事であれば、吸収に影響はありませんが、脂肪分を多く摂取すると吸収率が下がってしまうので注意が必要です。
最大限の効果を得るためにも、なるべく空腹時に摂取することをおすすめします。

ジェビトラには3種類あり、有効成分が20mg、40mg、60mg含まれるものがあります。
20mgの場合は5時間ほど有効です。
40mgの場合は10時間以上効果が出るといわれています。
ただし1度服用すると次の服用までに24時間以上の間隔を空ける必要があるので気を付けましょう。

ジェビトラはジェネリック薬品なので、正規のED治療薬に比べると安価なことが特長です。
レビトラの5分の1ほどの価格で購入出来るので入手しやすいのがメリットです。
さらに他のED治療薬の中でも即効性や効き目が強いので他の治療薬で効果が出なくても、ジェビトラなら効き目を発揮してくれる場合があります。

しかし、バイアグラなどに比べ、併用禁忌の薬が多くあるので、常用している薬があれば併用可能か確認が必要です。

ジェビトラは安全に勃起をサポート

ジェビトラに催淫作用はなく、性的刺激がなければ勃起することはありません。
そのため、安全に勃起機能をサポートしてくれるのです。
近年セックスレスに悩みを持つ夫婦やカップルが増え深刻な問題となっていますが、ED治療薬は解消の強い味方になってくれることでしょう。
ぜひジェビトラを使用してEDの改善を目指してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ