プリズマホルモン精の特徴

男性ホルモンを補給できるプリズマホルモン精

男性ホルモンは20代をピークに、30代を過ぎると減少する傾向にあります。
男性ホルモンが減少してしまうと、体力の衰えや老化、不眠症など体調面であらゆる症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。
男性としての自信がなくなってしまうと、肉体的だけではなく精神的にも疲労してしまう恐れもあります。
男性ホルモンの生成には食事などがありますが、より効率よくサポートするプリズマホルモン精がおすすめです。
プリズマホルモン精には錠剤とドリンクタイプがあるのですが、錠剤よりも手軽に飲めるドリンクタイプが時に人気があります。
しかし、通常のドリンク剤とは異なり、第1類医薬品に分類されるので薬剤師がいるお店のみでの取り扱いとなるので、購入の際は注意しましょう

服用のタイミングや本数について

主に服用するタイミングは毎食前ですが、不眠症や冷え症、夜間尿の場合は就寝前に飲む事で作用が発揮されます。
また、運動や仕事による肉体疲労、心身過労などの場合は臨時服用も可能です。
ですから、特別タイミングを意識しなくても、気になる症状に合わせて飲む事ができます。
また、飲む本数は疲労の具合をみて1本〜2本に調整し、1日に多くて4本程度を服用してください。
しかし、薬などでアレルギーを発症した事がある人や、肝臓や心臓病、糖尿病や高血圧がある場合は、医師の判断で飲むようにしましょう。

服用の注意事項について

プリズマホルモン精にはアルコールの成分が配合されていので、人によっては眠気に襲われる事があります。
ですので、乗り物の運転や機械類の操作をする必要がある人は、事前に服用するの避けましょう。
プリズマホルモン精は医薬品なので作用は高く、副作用による眠気がある中で運転をすると大事故に繋がる可能性があります。
さらに、プリズマホルモン精は原則として男性ホルモンが減少傾向の強い45歳以上の成人男性を対象に開発されたホルモン剤です。
なので、45歳未満での服用は極力避け、活力などが気になる場合は病院へ相談する方が良いでしょう。
また、服用する際は年齢問わずなるべく医師や、薬剤師と相談して購入する方が安全に使う事ができます。
プリズマホルモン精はタウリンや滋養強壮に良い材料が含まれた栄養ドリンクとは異なり、外部から男性ホルモンを取り込む事で男性の活力回復のサポートをしてくれます。
医薬品に分類される商品なので、説明文書をしっかり飲んで安全に服用し、男性としての自信を取り戻しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ