レッドブルの特徴

世界中で愛されているレッドブル

レッドブルはオーストラリアで発売されてから28年、世界169ヶ国もの国で販売され、約600億缶もの膨大な量が消費されています。
また、販売されている国によって分量や成分に差がある事も特徴です。
仕事や勉強で疲れた時にレッドブルを飲めばリフレッシュされ、活力がみなぎり、集中して取り組む事が出来ます
その他にも、スポーツなどエネルギーが必要な時に飲むとコンディションが良い状態になるでしょう。
レッドブルは様々なシーンで使えます。

レッドブルの成分と働き

・カフェイン

コーヒー1杯分と同程度の80mgものカフェインが含まれているため、眠気を吹き飛ばし集中力を高めてくれるでしょう。
また、鎮痛作用がある為、頭痛などの症状が和らぐ事があります。

・アルギニン

アミノ酸の一種で準必須アミノ酸です。
また、ダイエットや美肌などのサプリメントや滋養強壮に関するサプリメント等に使われる事が多い成分です。
血流改善が期待されているので、男性の活力アップには大きな働きがあるでしょう。
また、白血球の働きを活性化させるので免疫力が高まる働きもあり、コラーゲン生成の促進サポートもしてくれるので女性にも嬉しい成分なのです。

・ナイアシンアミド(ビタミンB3)

水溶性のビタミンなので、汗や尿として排出されます。
糖質や脂質の代謝を助け、血液中のコレステロールを下げる働きがあります。
代謝が上がる事により、冷え症や高血圧を改善する事も期待できます

・パントテン酸(ビタミンB5)

抗生物質を服用している人は不足している場合があるビタミンです。
糖質やタンパク質の代謝を助け、ダイエットのサポートをしてくれます。
善玉コレステロールを増やす働きがあるので、生活習慣病を気にしている人にはオススメの成分です。

・ビタミンB6

アミノ酸を作る為にたんぱく質を分解するサポートをしてくれます。
動脈硬化の予防や月経前のイライラ(PMS)にも良い成分です。

・ビタミンB12

不足すると貧血や下痢、食欲不振、動機などの症状が表れます。
積極的に摂取する事で、肌の艶がアップする働きがあります。

・アルプスの湧水

オーストラリアとスイスの間にある湧水を使用しており、新鮮で品質も最高のアルプス水を使っています。

飲み過ぎると危険です

たくさんのカフェインを浸かっている為、飲み過ぎると健康被害が発生してしまう事があります
血圧を上げる働きがある為、心臓病や高血圧の方は注意して飲みましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ