にんにくの特徴

滋養強壮や活力アップなど、元気がない時や疲れた時ににんにくを食べる習慣がある人は多いと思います。
そんなにんにくの特徴などをご紹介していきます。

にんにくは、ユリ科の多年草で生薬名は大蒜(だいさん)と言います。
茎や根が食用として使われ、香りが強く風味もアップする為、様々な料理に使われています。
歴史は古く、古代エジプトでもピラミッドの建設労働者ににんにくを与えるなど滋養強壮の為に使われていたそうです。

匂いの元が活力アップのカギ!?

匂いが気になって仕事の前日には食べないなど、多くの人が気にするにんにくの匂いですが、実はその匂いの成分が活力アップに繋がる事はご存知でしょうか?
にんにくのアイリンという主成分が切ったり潰れたりする事でアリシンという匂いの元である成分に変化します。
そのアリシンは、体力回復や殺菌・解毒などに良いと言われています。
また、血液がドロドロになるのを遅らせる作用もアリシンにはあるのです。
そして、そのアリシンがビタミンB1と結びつき、アリチアミンというビタミンを作ります。

そのアリチアミンが新陳代謝を良くする事で血液促進になり、体中の血液の流れが良くなると言う事は血の巡りも良くなるので男性の自信も回復のサポート役になってくれます。

より体に良い摂取の仕方

上にも記述してあるように、匂いが元になるので料理で使う際は、細かく刻んだりすりおろしたりする事で香りも増し、アリシンの成分が発揮される事になります。
調理に使う前に切ったにんにくを数分間置いておくと、酵素が活性化されるのでより活力アップの作用に期待できるでしょう。

切ったりせずに丸ごと調理すると、主成分がアリシンには変化しません。

冷え症などに良いスコルジニンという成分の働きはありますが、男性の元気を高めるためには、アリシンを発生させるためにも、細かく切って調理をするようにしましょう。

にんにくは、パスタやピザなど洋食に使うと風味がアップし美味しくなりますし、餃子や麻婆豆腐などの中華料理にも多く使われているので、色々な料理に使える万能な食材です。

ですがやっぱり匂いが気になる人もいると思います。
そんな時には、サプリを使うと良いでしょう。
サプリだと、アリシンやアリチアミンだけではなく、滋養強壮や整腸作用など、身体に良い他の成分が入っている事もある為、男性でも女性でも手軽に活力アップや体力を回復する事が出来るので人気があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ