ガラナの特徴

北海道で名物となっている「ガラナ」という飲み物をご存知でしょうか?
実はガラナ飲料の原料となっている植物のガラナは生薬としても使われており、様々な働きをすることが知られています。
そんなガラナについて今回ご紹介していきます。

ガラナとはどんな植物?

ガラナという植物は元々ブラジルにあるアマゾン川近くで採れるつる性の植物です。
つる性のため、かなり広範囲に広がって生い茂っていきます。
そんなガラナを生薬として使用する際は葉や茎ではなく種子を利用することになります。

ちなみにガラナの実はとても赤く、まるでぶどうのように実がつきます。
その実の中にガラナの種が入っているのですが、中には実が弾けてしまい、種が中から見えてしまっているものもあるようです。

現地では実の状態で採取し、それを発酵させた後に種を取っていく作業を行います。
この種は全て取り除いたら細かく粉砕して粉状にしていき、ガラナの粉を今度は水で練り固形にしてから乾燥させてようやく完成となります。
この固形を必要な時に少しずつ擦っていき、甘味料を加えて飲料にしていることが多いです。

現地・ブラジルでも清涼飲料水として使われている

ガラナの原産地であるブラジルにおいても飲料にして飲むことが多く、その状態で日本、特に北海道で広まったため、現在でも清涼飲料水として北海道で販売されています。
スーパーやコンビニなど、身近で手に入る飲み物ですが、そこまでガラナに含まれている強い成分は含まれているわけではないので安心です。
ただし、ガラナに含まれているカフェイン量はとりすぎてしまうことで不眠や精神不安定などにつながる恐れがあるので、子どもや妊娠・授乳中の方、高血圧、糖尿病、心臓疾患を抱えている方は摂取に気を付けなくてはなりません。

ガラナの働き

ガラナには滋養強壮作用があるため、活力アップには最適です。
またカフェインが含まれていることにより、疲労回復などにもつながるので最近体が疲れている…といった時などにおすすめと言えます。

他にもカテキンが含まれていることで体脂肪の燃焼につながることがあります。

在ガラナ飲料の他にもガラナの成分が配合されたサプリメントや栄養ドリンク、北海道ではガラナが含まれたガムやタブレットなども作られているため、摂取はしやすいと言えるでしょう。
男性の活力アップから自信回復にもつながるガラナを、ぜひ毎日取り入れて、健康で元気な生活を送られてみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ