蛇胆の特徴

滋養強壮に有効な蛇胆

滋養強壮の作用がある精力剤には、様々な有効原料が使われています。
そしてよく原料で使われるマムシは、古くから滋養強壮に良いと漢方などで使用されていました。
マムシの皮をはいで内臓を取って乾燥させた漢方薬を反鼻(はんぴ)と呼び、それを服用するのが一般的です。
また、マムシなど蛇の胆嚢を乾燥させたものを蛇胆(じゃたん)と呼び、蛇胆は反鼻よりも滋養強壮に有効だと言われています。
蛇胆は主にドリンク系の精力剤に使用されています。

蛇胆はタウリンを作り出す成分がある

蛇胆には「タウロコール酸」「グリコール酸」といった胆汁酸が含まれています
タウロコール酸は疲労回復作用のタウリンを生成するもとであり、生成されたタウリンにはコレステロールを排出する作用や、血糖値を正常に調節する作用もあるのです。
さらに、タウリンには亜鉛を体内での消耗を防止する作用もあるので、タウリンの生成を促すタウロコール酸が豊富に含まれている蛇胆は精力剤に有効な原料になります。
さらに胆汁酸は胆汁の主要成分であるので、消化吸収に関しても密着な関係があるのです。
他にも活性力を高めるレシチンや良質な脂肪酸なども含まれています。

蛇胆は解毒作用も高い

蛇の種類でも時に優秀な胆汁を持っているのはマムシと大蛇です。
マムシと大蛇は強力な胆汁酸が胆汁に含まれているので、冬眠時や水ばかりでの生活でも数ヶ月は生きられるほどの生命力を持っています。
動物の胆は古くから様々な薬効に使用されていますが、生命力が高く滋養強壮や健康維持に優れているマムシと大蛇の蛇胆は、高い解毒作用も認められているのです。
解毒作用によって肝臓機能を高める作用があるので、肝臓の働きのサポートや弱った肝細胞の再生を促してくれます。
肝臓が正常の働く事により、アルコールなどの毒素の分解や、栄養も効率よく分解されて栄養素が血液を通じて体全体に渡り、健康状態からホルモンバランスの維持に繋がると言えるでしょう。
このように、蛇胆は健康維持や男性の活力サポートに有効な原料です。
マムシの粉末なども滋養強壮に優れていますが、もっと健康な身体を維持したい場合は蛇胆がおすすめになります。
ネットでは蛇胆をそのまま販売しているところもありますが、味などに不安がある方は蛇胆入りの栄養ドリンクなどでの摂取が良いでしょう。
蛇胆には副作用などはありませんが肝臓への作用があるため、肝臓に疾患のある方は医師と相談した上で摂取するようにしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ