カンカの特徴

厳しい環境で育つカンカとは

カンカとは正確に言うと、カンカニクジュヨウといいます。
中国では砂漠の高麗人参と親しまれ、主に中国のタクラマカン砂漠で生息している植物です。
タクラマカン砂漠は中央アジアの大部分を占めている砂漠で、世界でも2位の面積を持っています。
昼と夜の温暖さはとても激しく、度々嵐が吹き荒れる土地なので、植物にとっては過酷な環境なのです。
しかし、カンカは厳しい砂漠地帯でも、花を咲かせて実を付ける強い生命力があります。
カンカは砂漠地帯で防風林などとして植えられ紅柳の根に寄生する植物で、見かけは巨大なつくしのような形が特徴的です。

カンカに含まれる成分

カンカには「アクテオシド」「エキナコシド」「カンカノシド」という3つの成分が含まれています。
アクテオシドというのはポリフェノールの一種で、身体の老化や病気の原因に繋がる活性酸素を排出する作用があります。
ポリフェノールを含む赤ワインと比べても、アクテオシドには赤ワインの1.5倍にポリフェノールが含まれ、ビタミンCと比べても約5倍もの働きがあると言われているのです。
一方、エキナコシドはエキナセアというハーブの主成分として有名で、免疫力の向上や滋養強壮、抗菌・抗老化の働きがあるとされています。
そして、カンカノシドにも抗酸化作用があり、さらに血管拡張作用があるのです。
カンカノシドの血管拡張作用によって全身の血流の流れを良くし、さらに高血圧の改善も図るので心臓に負担をかける事なく男性の活力サポートに適している成分になります。

美容や健康にも良いカンカ

カンカには血管拡張と抗酸化作用によって、身体の内部から老化を防ぐことで滋養強壮に繋がります。
また、抗酸化作用には美白・美肌をつくるアンチエイジングから、不妊症といった女性特有の病気の予防にも繋がるそうです。
それだけではなく、高血圧や疲労回復、アルツハイマー病の予防にも有効だと言えます。
また、血管拡張作用で血流が良くなれば、冷え症の改善にも最適です。
ですので、疲労がなかなか抜けなかったり、急激な老化を感じる、スタミナ不足を感じている方には、カンカがとても有効な原料だと言えます
元気に仕事をしたい方や、近頃男性として自信がなくなった方は、ぜひカンカが含まれているサプリメントなどを活用してみてはいかがでしょうか。
サプリメントだけでなくドリンクタイプの製品もあるので、自分が続けやすい商品を選んでください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ