カツアーバの特徴

カツアーバとはどんなもの?

カツアーバはブラジル南部のアマゾン川流域に生息している植物です。
黄色い花と黄褐色の小さな実が特徴的で、ブラジルの先住民からは民間伝承として古くから精力剤の原料と使用されてきました。
カツアーバにはカツアビンA、カツアビンB、カツアビンCという成分が含まれおり、中間神経を刺激する作用があります。
中間神経を刺激されることにより、男性の活力サポートや記憶力向上に有効とブラジルのハーブ治療で認められているのです。
まて、血流の増加で循環を良くする作用もあるので、滋養強壮のサポートにも優れています。

精力剤だけではなく健康にも良い

カツアーバは滋養強壮だけではなく、健康にも優れていると言われています。
まず、カツアーバにはセスキテルペン、フラボノイド等いった成分が入っており、これは神経系統を改善して気分をリラックスさせる作用があるのです。
ですから、不眠症や偏頭痛、疲労回復などにも有効と言えます。
また、植物繊維が含まれているのでダイエットに、コレステロール値の上昇を防ぐフィトステロールも含まれているので、高血圧予防にも優れている結果があります。
免疫力を高める成分も含まれているので、現在では医療分野への応用も期待されており、HIVなどのウイルスの繁殖の働きを抑える症にも注目を浴びている植物なのです。
健康に良いカツアーバは今後も様々な製品や医療で、ますます活躍される原料だと言えるでしょう。

カツアーバの摂取方法について

日本では生のカツアーバを入手する事はできません。
ですので、粉末などの加工食品からの摂取する事が可能です。
しかし、粉末のカツアーバはやや高額となっています。
その理由は、カツアーバの木の皮を剥ぎ、それを乾燥させて粉末に加工するまでかなりの手間がかかるからだそうです。
粉末のカツアーバも優れていますが、比較的に安価で摂取をしたいのであればカツアーバの葉を使ったお茶はおすすめになります。
カツアーバ自体は植物なので副作用がなく、お茶なら気軽に安心して飲むことができる、さらに粉末の半分以下なのでコストパフォーマンスが高い事も魅力です。
また、カツアーバが含まれたサプリメントも多くでています。
精力剤にはカツアーバを含め、他にもマカやクラチャイダムなど滋養強壮に良いとされる原料が多く含まれているので、より活力サポートに良いと言えます。
男性としてもっと元気でいたい方は、ぜひカツアーバにも注目してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ