ムイプラアマの特徴

アマゾンの亜熱帯雨林に自生するムイプラアマ

滋養強壮に有効な精力剤には、ムイプラアマという原料が含まれている製品があります。
ムイプラアマとは、南米アマゾン地方の亜熱帯雨林に自生しているハーブの一種です。
約5mほどに育つ低木で、スパイスのようなにおいが特徴で、木には小さな白い花が咲きます。
ムイプラアマの木はミネラルが豊富な土壌でしか育たないため、限られた土地でしか栽培することができないのです。
ですので、日本では採取不可能である貴重なハーブであり、原産のアマゾンの先住民は古くから滋養強壮に有効なハーブとして親しまれています

ムイプラアマに含まれる成分とは

一般的にハーブは葉の部分か茎の部分が食用と利用でき、植物の中で限定されてしまう事が多いです。
しかし、ムイプラアマは葉から根っこまで全て食用として使用することができるので、ハーブの中でも豊富な栄養素を含んでいます。
ムイプラアマには「フォルバフェーネ」「脂肪酸エステル」という良質な脂質群などが含まれていますが、これらの成分は単独では機能を果たすことはできません。
しかし、ムイプラアマに含まれれる様々な成分の相乗作用により、男性の活力サポートを発揮すると考えられます。
また、ムイプラアマに含まれているアルカロイドには神経作用に有効なので、肉体的だけではなく精神的な疲労回復の作用もあり、心因性の問題での改善も望めるでしょう。

血行促進とアンチエイジングでサポート

ムイプラアマには「ムイラプアミン」と呼ばれる、ムイラプアマのみが保有する成分含まれています。
ムイラプアミンをはじめに、ムイラプアマには血管拡張作用がある栄養成分も含まれているのです。
血管が拡張する事により体全体の血液の流れが良くなり、冷え症改善など健康的に良い体質になります。
さらに、血行が良くなるという事は、男性の活力アップや維持力のアップにも繋がるので滋養強壮にはとても重要な作用であると言えます。
ムイラプアマには抗酸化作用もあり、アンチエイジング作用によって老化を防止し、身体の若さの維持やスタミナ維持などにも有効なので、いつまでも若々しく身体でいる事ができると言えるでしょう。

このように、ムイラプアムは滋養強壮に良い日本では貴重なハーブです。
日本では原料自体は販売されていないので、サプリメントや精力剤などで摂取することができます
また、ムイラプアムは植物なので副作用の心配はありませんが、サプリメントなどは用量を守り過剰摂取をしないように気を付けましょう

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ