長芋が精力UPに良い訳を知っておこう

長芋とは

長芋は、ヤマノイモ科の多年草で、中国が原産の、長い棒状態で取れるため、長芋と呼ばれています。
形は品種などによって、若干の違いはありますが、1年で収穫が可能です。
すりおろしてとろろにしたり、細く細かく刻んで食べたりします。
とろろは、ご飯にかけたり、そばに入れたり、まぐろなどの海産物にかけて食べることもあります。

同じように粘り気のある、納豆や、おくらなどと合わせてもおいしいです。
長芋は栄養価が高く豊富で、消化吸収を助けてくれたり、精が付く食べ物としても知られているので、疲れた時のパワーアップ食材としても良いでしょう。

長芋の主な成分は

長芋の主な栄養素は、亜鉛、カリウム、鉄などのミネラル成分の他に、ビタミンB・Cなどがバランス良く含まれています。
他にも、アミラーゼやジアスターゼ、ウレアーゼ、オキシターゼなどの消化酵素も多く含まれているので、消化を助けてくれる役割を果たしてくれます。
特に長芋の粘りを出してくれる成分で、糖質とたんぱく質でから出来ているムチンは、体内や、粘膜、胃液などに存在しており、高い保水力があり、強い粘りがあり、胃を胃酸から守ったり、胃中の働きを強くしていく働きがあったり、目の渇きを抑える働きなどもあります

胃の粘膜を保護することで、暴飲暴食や、刺激物などの摂取によって傷ついた胃の粘膜を回復させてくれます。
胃などの消化器系の機能が回復していくと、栄養の吸収も良くなってきます。

ムチンとアルギニンで男性の活力アップ

他にもムチンには、他の栄養素の吸収も高めてくれるので、精力も増加するサポート的な役割になっていきます。
特にアルギニンと一緒であれば、精力が高まるだけでなく、疲労回復にもなっていきます。
さらに、血管の収縮などで発生してしまう、活性酸素も男性ホルモンにダメージを与えてしまうのですが、それを防ぐこともできるので、長芋は精が付くと言われています。
他にも、食物繊維が豊富で、腸内をきれいに掃除してくれて、糖質の吸収も抑えてくれます。お通じが良くなり、肌荒れや、大腸がん、高血圧の予防に最適とされています。
腸内環境が整うことで、蠕動運動も活発になってくるので、体内に溜まった余分なものを一層してくれます。
疲労回復、精力アップ、滋養強壮促進作用のある長芋は、ぜひ夏にお召し上がりください。
疲れた男性のサポートのピッタリの食材です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ