精力剤はこんなタイミングで摂取しよう

精力剤の成分

精力剤と言えど、その成分や使い方は人によって様々です。

精力剤には医療成分に含まれるものと含まれないものがあり、医療成分に含まれる代表的な成分はテストステロンやヨヒンビンという男性ホルモンが主成分となっており、含まれない成分の中には滋養強壮に良いとされるアルギニンやタウリンなどがあります。

スッポンやマムシ、マカといった様々な原料を使用して作られる精力剤は、その原料の種類によって配合されている成分が違います。
精力剤は男性の活力をサポートすることを目的として作られているため、摂取するとイキイキと過ごすことが出来ると言われています。

精力剤を摂取するタイミング

一般的な精力剤は、摂取してからおおよそ30分〜1時間程で体内に吸収されますが、精力剤との相性や吸収力に個人差があり、満腹時と空腹時でも差があるとされています。
食事を摂った後だと他の食べ物によって吸収が遅くなるため、最も良い摂取のタイミングとしては空腹時と言われています。
ところが、アルギニンを含む精力剤は一度に大量に摂取すると胃が炎症を起こしてしまう可能性もあります。
成分によっては少し食べ物を入れてからの方が良いものもあるので注意しましょう。

また、毎日継続的に使用する場合、1日2回なら朝と夜、1日1回なら夜が良いと言われています。
しかし、寝る直前に飲んでしまうと消化等で内臓が働いてしまい、充分な休息を与えられなくなりますので、2〜3時間ほど前に飲むようにすると良いとされています。
精力剤にはドリンクタイプ・錠剤タイプ・カプセルタイプ等、形状も色々ありますが、あまり活力アップを感じないという方は錠剤タイプの精力剤をドリンクタイプの精力剤で飲む方法もあります。
その際には飲み合わせに充分な注意が必要になりますし、あれこれ同時に摂取したからといって全てが上手く作用するわけではないので気を付けましょう。

精力剤を上手に活用するには?

精力剤には原料の違いから成分まで多数の種類があるため、人によっては吸収されにくいものもあります。
それぞれ自分に合ったタイミングがありますので、一度で判断せずに空腹時や活力を必要とする時間からの逆算時間を変えてみるなど、工夫することが大切だと言えます。
精力剤の形状によっても吸収時間に差がありますので、カプセルや錠剤なら摂取してから体内で溶けるまでの時間も考慮して使いましょう。
また、牛乳などの乳製品を摂取した後には胃の粘膜が保護され、吸収が悪くなりますので避けた方がよりしっかりと実感できるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ