ユンケルの特徴

ユンケルとは

ユンケルとは、コンビニや薬局、ドラッグストアなどで購入できる栄養ドリンク剤です。
ユンケルには医薬品と医薬部外品の両方があり、さらに商品も種類が豊富にあり、子供が飲めるものから女性向けの商品もある事が魅力です。
ドラックストアや薬局では医薬品と医薬部外品の両方を購入できますが、コンビニなどでは医薬部外品しか購入できません。
しかし、医薬部外品は価格もリーズナブルであり、ちょっとした元気が欲しい時、気軽に購入できるところが良いです。

ユンケルには滋養強壮や疲労回復に最適

ユンケルにはストレスからの疲労、肉体的疲労、年齢からの疲労、年齢からの疲労、慢性的な疲労の改善に有効です。
しかし、ユンケルにはたくさんのシリーズがあり、その種類によっても含まれる有効成分は異なります。
主に高麗人参やジオウ、ローヤルゼリーなどの成分が含まれている商品が多いです。
高麗人参は中国の漢方薬として古くから使われ、血行を促進することで低血圧や貧血の予防、冷え症の改善やストレスを緩和する作用があります。
ジオウは中国北部が原産の多年草で、全身の倦怠感をなくす作用や糖尿病予防、不整脈の予防などに有効です。
そしてローヤルゼリーには強力な抗酸化物質が含まれているので、免疫力の工場や自律神経の調整、うつなどの精神疾患などを予防する作用があります。
これらの成分の相乗作用によって、滋養強壮や疲労回復、虚弱体質改善に繋がると言えるでしょう。

どのタイミングで飲むのがベストなのか

ユンケルは栄養ドリンクなので、どのタイミングで飲んでも有効です。
ですので、疲れを感じた時や頑張りたい時に飲むのがベストだと言えます。
もっと効率良く飲みたいと思うのなら、起床後がおすすめです。
起床後は栄養と水分が不足がちなので、このタイミングでユンケルを飲むことで栄養が速やかに吸収されるメリットがあります。
また、カフェイン入りであれば、眠気をなくす作用もあるので脳もスッキリした状態になるでしょう。
しかし、一般的に栄養ドリンクは30分から効きはじめ、持続時間も4時間程度と言われています。
なので、一番元気が欲しい時間帯と持続時間を考慮して飲む方法もおすすめです。
そして、ユンケルのシリーズにはノンカフェインタイプもあります。
ノンカフェインであれば眠気を妨害する作用はないので、翌日に疲れを残さないように前日の就寝前に飲む事が可能です。
ユンケルはたくさんの種類があるので、目的や効能に合わせ、正しい摂取量で服用しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ