加齢と精力にはどんな関係がある?

テストステロンが関係している

男性のやる気がなくなったり、疲れやすさを感じたり、加齢やストレスなど、日常生活においてホルモンバランスを崩してしまったり、心身ともに外部からの様々な影響を受けることで、ホルモンバランスは簡単に崩れてしまいます。
男性ホルモンが減少すると、精力もなくなり、頑張ろうとする気分もなくなってしまいます。
加齢による精力減退は、男性ホルモンの減少と大きく関係しており、この男性ホルモンが加齢と共に少なくなっていくと、精力も衰えてきます。

男性ホルモンのテストステロンが、この精力に大きく関係しており、20代をピークに多く分泌をして、40代頃には既に減少してきてしまいます。
テストステロンは、太い骨格や、ひげなどの男らしい体の維持や、筋肉の増加、精神的な活動力を増やすホルモンとなっていて、やる気などの元となるドーパミンの生産などを行う働きもあります。
血管の状態を正常保ったり、メタボリックシンドロームの予防などの、様々な体の健康もこのホルモンが維持しています。

加齢で衰えた精力は回復できない?

加齢によって男性ホルモンのテストステロンが減少すると、やる気や精力が減ってしまいますが、衰えた精力は食事やサプリ、生活習慣の改善でサポートすることができます。
まずはしっかりとした、質の良い睡眠によって増やすことが出来ます。
睡眠時間をきちんと取ることで、ストレス解消になり、テストステロンも分泌されてきます。
過度なダイエットや、肥満によってもテストステロンは大きく変化していきます。

健康維持をするためにウォーキングをしたり、適度な筋トレで筋肉に負荷を与えることで、骨や筋肉の強度を維持するために、テストステロンが分泌されてきます。
食事では、テストステロンを分泌させるのに亜鉛などを摂取することで、ホルモンの分泌が促されていきます。
亜鉛を多く含んでる食品は、魚介類ならかきや、煮干し、するめなどで、肉類なら牛肉となっています。
ですが、毎回亜鉛の多い食事ばかりを摂取することも難しくなっている時は、サプリなどに頼っても良いでしょう。
サプリには、体内で不足しがちな栄養が、きちんと必要な分だけ1回で摂取できるので、効率が良いと言えます。

食事の管理が難しい場合には、サプリで摂取して、健康的な生活など送ることで男性ホルモンの分泌も促されていきます。
ホルモンバランスが整うことで、精力も改善傾向になってきます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ