うずらの卵が精力を上げてくれる理由って?

精力増強に効果的な食材

精力を増強するのに良いとされる食材といえば、スイカやメロン、アボカド、豚レバーなどがあります。
小さいサイズからお弁当などによく入っているうずら卵には、世界的にも古くから精力増強があると言われているのはご存じですか?
その歴史は長く、中国の「本草綱目」という方薬の古書にも高い評価が書かれているそうです。
世界では、日本でいうスッポンやマムシのような感覚の食材になります。

うずらの卵の効能と伝統

うずらの卵には脳や神経系、男性機能の増強や虚弱体質改善と精力増強に特効があり、多くの国で珍重されていました。
また、東南アジアでは食材というものより、滋養強壮を目的に食べる事が多いようです。
ヨーロッパのハンガリーでも、新婚カップルにはうずらの卵のスープを出す事が伝統であり、その滋養強壮の作用は広く伝わっている事が分かります。

どんな成分が有効なのか

ニワトリの卵にも豊富な栄養素が入っている事から、健康や滋養強壮に良いと言われています。
ニワトリの卵と比べてはるかに小さなうずらの卵ですが、その小さな中身には豊富な栄養素が詰まっているのです。
まず、身体の生成や維持に欠かせない必須アミノ酸の9種類のうち、うずらの卵には7種類の必須アミノ酸が豊富に含まれています。
さらに、造血作用や末梢神経の機能維持に有効なビタミンB1、2がも含まれており、その量はニワトリの卵の約5倍と言われているのです。
このビタミンが末梢神経の冷えを緩和して血液の循環が良くなる事から、男性の活力サポートにも良いといえるでしょう。

日本のうずらの消費量は少ない

日本ではニワトリの卵の消費量は世界でも上位ですが、日本ではうずらの卵を食べる習慣が少ない事から年間の消費量は1人当たり14個ほどしかないようです。
しかし、うずらの卵にはぜんそくや心臓病などの予防作用、美肌や脂肪燃焼のサポートにも期待出来るので積極的に食べる事で精力増強以外に健康や美容にも優れています
煮卵や豚肉に巻いたりすると美味しいですし、普段の料理に取り入れれば手軽に精力サポートができます。
また、滋養強壮に良い山芋と一緒に食べる事で、より精力がアップするでしょう。
料理に利用する際は、水煮の缶詰ではカリウムやヨウ素が減少してしまうので、生のものを調理するのがおすすめです。
元気で健康的に過ごしたい方や、男性として自信を取り戻したい方は、うずらの卵をはじめに活力増強に良い食材で美味しく精力アップしてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ