アルギニンの特徴

アルギニンは、体の中で合成することのできるアミノ酸の1つで、準必須アミノ酸と言われています。
子どもの成長期から大人の活力アップまで欠かすことのできない成分と言われています。

アルギニンに含まれている成分について

アルギニンは、体内で生成することができるアミノ酸です。
子どもの時は合成をするスピードが遅い為、食事で補ってあげる必要がありますが、大人になると次第に補う必要なくなるほど十分な量を生成できます。
40歳を過ぎると、徐々に減っていくと言われています。

アルギニンの働き

アルギニンには様々な力があるので、下記で紹介していきます。

・免疫力の向上
アルギニンをとることで、外的なウィルスや刺激から守ってくれます。
更に、がん細胞を攻撃してくれる作用があるので、免疫力が高まってくるので、インフルエンザや風邪などになりにくいというメリットがあります。

・疲労回復作用
アルギニンにはアミノ酸が豊富に含まれているので、疲れを効率的に回復してくれます。
疲労には筋肉、臓器、脳の3種類があり、この中でも脳疲労は代謝や細胞の呼吸によって出るアンモニアが原因となっています。
アンモニアが大量に発生することで、中枢神経が抑制しようとします。
これによって、体のだるさや集中力がなくなると言った症状が出てきます。
こうした場合にアルギニンを取り入れることで、症状を改善できます。

・男性の活力をサポートしてくれる
アルギニンは、男性の活力を高めてくれる効果があります。
アルギニンには一酸化窒素の生成をサポートしてくれ作用があるので、血行促進効果を期待できる為、元気を取り戻すことができます。

服用のタイミングと副作用について

アルギニンは、成長ホルモンが分泌する10時から2時までの間に取る必要があります。
服用をする前の食事は、動物性たんぱく質や植物性たんぱく質を積極的に取り入れましょう。

基本的にアルギニンは、天然のアミノ酸となっているので特に副作用はありません。

しかし、サプリメントやドリンクで摂取する場合、決められた量を守らないと副作用を引き起こす可能性があるので注意しましょう。
アミノ酸の場合、数多くあるのでその中の1種類を多く取り入れるなど偏った摂取をしてしまうと、全身のバランスが崩れてしまいますので注意しましょう。
逆に、アミノ酸不足に陥ることもありますので、摂取量はきちんと守ることが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ